歯が痛い・しみる

痛む・しみる原因は何?

歯が痛い……
歯がしみる……

このような症状が見られる場合、むし歯や知覚過敏の疑いがあります。むし歯、知覚過敏の順に病気の概要や原因をお伝えします。歯が痛む方やしみる方はぜひご覧ください。

痛む・しみる原因の大半はむし歯です!

歯が痛む・しみる原因としてもっとも多いのはむし歯です。むし歯にはその他以下の症状があります。チェックが多く付いた方ほどむし歯の可能性が高いといえます。気になる方は、一度歯科医院へ相談しましょう。

あまり歯科医院のむし歯治療

当院ではできるだけ歯を削らず残せるように、レーザー治療器を使ってむし歯治療を行っています。レーザーを当てることによってむし歯菌が蒸発し歯の表面が硬くなり、むし歯になりにくい状態になります。歯を残すのが難しいとされる神経まで達したむし歯でも、レーザーを使えば神経を残せる可能性が高まります。

むし歯の進行段階

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期のむし歯】
C0【ごく初期のむし歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質のむし歯】
C1【エナメル質のむし歯】
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質のむし歯】
C2【象牙質のむし歯】
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、詰め物で補います。
C3
【神経まで達したむし歯】
C3【神経まで達したむし歯】
神経までむし歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、被せ物を被せます。
C4
【歯根まで達したむし歯】
C4【歯根まで達したむし歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

むし歯を放置して歯の大部分が溶けてしまうと、インプラントや入れ歯で補わなければといけません。そうなる前に、かるい症状でもあなどらず早めに当院までご相談ください。

知覚過敏の可能性もあります

歯がしみるもうひとつの原因が知覚過敏です。知覚過敏は、何らかの原因によって象牙質が露出し、その部分が刺激されてしみるというもの。症状がかるいからといって放置すると、神経まで露出して歯髄炎(※)という病気になることもあるので、ご注意ください。

※歯髄炎・・・歯の神経が炎症を起こす病気

なぜ知覚過敏になるのか?

知覚過敏でもっとも多い原因がオーバーブラッシング(過度に強いブラッシング)です。力を入れて歯を磨くとエナメル質が磨り減ってしまい、象牙質が露出してしまうのです。また、稀にホワイトニングによって象牙質が露出して知覚過敏になるケースもあります。

当院の知覚過敏治療

当院ではレーザー治療器を使って知覚過敏の治療を行っています。知覚過敏の原因となっている歯の根元付近にレーザーを当てることで、知覚過敏の症状を改善します。

千葉県白井市|診療予約|あまり歯科医院

ページの先頭へ戻る